I don't think so !

じゃあ、お前はどう考えるのだ!

海王丸と富山湾の曇り空

読書感想 「なぜ日本企業は勝てなくなったのか: 個を活かす「分化」の組織論 」(新潮選書)

「なぜ日本企業は勝てなくなったのか: 個を活かす「分化」の組織論 」(新潮選書)
この本が売れているようだ。先ほど日本橋丸善に行ったら売り切れていた。店内の端末で検索したら在庫「なし」だったので間違いない。もっとも在庫「なし」と売れているかどうかは相関のないところだが、新潮選書はたくさん置いてあったので、やはり売れているのだろう。
だから、この文章は今のところ「読書感想」にはなっていない。
アマゾンの内容紹介は下記の通りだ。
「さらば、集団主義! 企業を再生させる新しい働き方とは? 会社が危機の時、全社一丸になろうとしてはいないか? かつて利点だった日本企業の「まとまる力」が、いま社員一人一人の能力を引き出すことの大きな妨げとなり、組織を不活性化させている。必要なのは、まず組織や集団から個人を「引き離すこと」なのだ。働き方をドラスティックに変え、個の力を充分に活かすための大胆な提案。」
カスタマーレビューも下記の通り大絶賛、すべてが☆5だ。だから本を買いに行った。
「本質をついている」
「大企業で埋もれがちな異才を解き放つべき。」
「勝つ日本企業の復活を目指して」
「政策科学者が示す日本企業再生の処方箋!」
いま、アマゾンで本を注文したので明日か、明後日には会社に届くはずだ。
読む前にタイトルやカスタマレビューで気になった点を列挙し、実際に読んでみてどうだったか書いてみようと思う。
タイトルで気になった点は、「日本企業」と「組織論」だ。
「組織論」
どうやらこの本は、日本企業が個々人の力を発揮でない「未分化」状態に陥っていることを問題視しているようだ。しかし「組織論」はともすれば「分化」ならぬ「文化」論的になる傾向がある。文化論的傾向とは内容が分かりやすく、読者の賛同や共感を得やすい、ということだ。しかし、それでは「処方箋」は生まれないのではないか。カスタマレビューも残念ながら以前から言われていることでしかなく、日本企業も変わっていないように思える。「組織論」でなければ何かと問われれば日本企業の「制度」に行きつくと思うのだが、どうだろうか。
「日本企業」
「日本企業」という問題設定もいただけない。だからカスタマレビューも「日本企業の復活」とか「日本企業再生」になっている。国籍に関係なく単に淘汰される、あるいは脱落する企業や個人がいるだけだと思う。

「なぜ企業は勝てないのか」で良いと思うが、それでは本が売れないので「日本企業」という言葉を付加した若干センセーショナルなタイトルをつけているのだろう。
大手化学プラント工場の知人によると、今や日本の中小企業はポンプや冷却装置、タンクといったどのような工場にも共通する基本的な製品を満足に供給できなくなっているとのこと。少し能力を増強しようと思って新しい仕様を出すと、まったくのお手上げ状態か、もしくは既製品から超オーバースペックの製品をチョイスしてもってくる。中国や台湾の会社の10倍ぐらいの見積もりを平気で出してくる。話の分かる技術者を連れて来いと言うと、返事はだいだい二通りあるらしい。

①もう退職しました

②もう死にました

こうなると組織論ではなく構造論として語られなければならないし、これでは企業も淘汰されるしかない。その知人は満足に製品を供給してくれる中国や東南アジア、あるいはドイツなどの会社を相手にしている。それだけだ。日本企業の復活は便利だから願っているかもしれないが、無理だろうと思っているようだ。
あるいは欧米企業の雇われ欧米人社長の出資者に対する凄まじいばかりのゴマすり現場を目撃している私としては日本企業の組織や日本人サラリーマンが未分化なのではなく、国籍に関係なく人は性格と置かれた状況や能力次第ではないか、と思ってしまう。優秀でまじめな中国企業のIT技術者や女性営業スタッフを何人も知っている。しかし一方で彼ら、彼女らに会社に対する忠誠心はまったくない。しかし、忠誠心しかない日本人サラリーマンも困ったものだ。
さてこの本の内容はどうだろうか。