I don't think so !

じゃあ、お前はどう考えるのだ!

海王丸と富山湾の曇り空

北海道方面に飛んだ北朝鮮ミサイル、Jアラートは関東にも発令

「一匹のネズミで大山鳴動」

今朝、北朝鮮がまたもやミサイルを発射した。その影響で上野駅行き通勤電車が、安全確認を行ったため遅れていると車内放送があった。あれ?テレビでは北海道沖に落下したと言っていたけどなあ。

まあ、北朝鮮のミサイルは発射から数分で日本に到達するわけだから、今朝のJアラートも打ち上げの2分後に関東以北というアバウトな内容でしか発令できなかったのだろう。それがJアラートの限界だ。

しかし、正直言って悔しいではないか。北朝鮮の一発のミサイルで、今朝、テレビをつけた6時半から出勤するまでの1時間半、どのチャンネルもそのニュースばかりだったし、見たくもない菅官房長官の顔を何度も見せられ、北海道沖に飛んで行ったのに、東北や関東のJR全線が止まったのだ。

これじゃ「一匹のネズミで大山鳴動」だ。

サイルに対する避難訓練やJアラートにどれほどの意味があるのか

この間、テレビでミサイルに対する避難訓練を小学校などで行っている様子が報道されていたが、あれはどれほどの意味があるのだろうか。

危機意識を煽れば1600億円の米国製の武器「イージス・アショア」を購入しやすくなるのかもしれないが、国民の生命と財産を守るにはほど遠い避難訓練ではないか。

今朝、私の住んでいる地域ではサイレンはならなかったが(ウォーキングしていたので間違いない)、たとえ鳴ったとしてもウォーキングをやめて頭を抱えてしゃがみこんだりはしないだろう。おおよそ1時間のウォーキングコースだが、逃げ込めるような勝手に入れる頑丈なビルもない。あるのは住宅と公園とシャッターの下りている小さな店舗や事務所ぐらいだ。

Jアラートは台風や豪雨などの自然災害には役に立つかもしれないが(サイレンは聞こえないが)、少なくとも北朝鮮から発射されるミサイルに関しては無力だ。

戦争は、戦争の準備をするから起こる

米国はたとえピンポイントであってもドロンなどを使って金正恩を暗殺することはできない。やった途端、韓国の国民が大挙して米軍基地に押し寄せ、激しく抗議するだろうから、韓国政府は米軍を叩き出さざるをえなくなる。中国やロシアだって黙っていない。

それは、もちろん日本も同じだ。北朝鮮にミサイルどころか、銃弾一発でも打ち込もうものなら、韓国との関係は一触即発状態になる。

確かに金正恩に一矢報いたいし、ぶん殴ってやりたい。

しかし金正恩からすると目の前で韓国軍と米軍が圧倒的な火力による軍事訓練を行っているわけだから、将軍様としてはもちろん黙っているわけにはいかない。国民に対して「オレは強い将軍様なのだ」という威信なり面目を示す必要がある。それが将軍様の役割だ。それがミサイルの役割だ。

暗殺を恐れているとの報道が正しければ、将軍様は腰が引けた状態で「ハハハハッシャ~~」とやっていることになる。「どうだオレのミサイルはでかいぞ、たくましいぞ、ときどきすぐに爆発するけど・・・」。

おどおどしているワンちゃんにはとにかく手を出さない方がいい。頭をなでようなどと思わない方が身のためだ。犬を飼った経験のある人なら誰でも知っていることだ。うかつに手を出すと急に噛みついてくる。手を出して噛みつかれ、頭にきてワンちゃんを蹴飛ばすと、今度は飼い主と大喧嘩になる。それでも、おどおどしているワンちゃんの頭をなでたければ、まず、警戒心を解くことからはじめるのだ。警戒心の解き方はいろいろある。

それと同じだ。